管理人の舞姫颯香(まのふうか)が、コスプレからグルメ、アニメ、マンガ、フィギュア、スマホゲーム……等々、様々な事柄を好奇心旺盛に発信していくブログです。

HUMANO

カテゴリー

アニメフィギュア

【STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)】牧瀬紅莉栖さんのフィギュアが再販されるんだけどw

更新日:

舞姫颯香
助手キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
是枝萌
助手って……

私は颯香さまの助手ではないですよ。

舞姫颯香
そうじゃなくって><

「STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)」『牧瀬紅莉栖(クリシティーナ(笑))』さんの

新しいフィギュアがコトブキヤさんから、再販されるんだよぉ><

是枝萌
そうなんですか。

これはなかなかのクオリティ……

ん?

舞姫颯香
萌ちゃん

ど、どうしたの?

舞姫颯香
いえ。

このフィギュアはコトブキヤさん製作のフィギュアなんですよね。

舞姫颯香
そうだけど……どしたの?
是枝萌
いえ。

着ている衣服や

是枝萌
ガジェットの携帯電話まで、

是枝萌
とてもリアルに作られていると思うのですが。

肝心のお顔に何やら違和感を感じるのですが。

舞姫颯香
そう?

わたしは可愛いなぁって思うだけだけど

是枝萌
いえ、なんというか……

とてもとても無機質というか……

舞姫颯香
……言われてみれば、そうだねぇ(;^ω^)
是枝萌
……あ。

訂正します。

参考:『手帳型マルチサイズケース STEINS;GATE 01 紅莉栖』

 

是枝萌
これを見ると、なるほど。

完全の一致ですね。

流石はコトブキヤさん。

ここまで素晴らしい仕事とは。

舞姫颯香
……まぁ、納得できたなら良かったよ

うん(;^ω^)

さすがは萌ちゃん、細かいよねぇ~(小声)

是枝萌
何か言いましたか?
舞姫颯香
ううん、なにも?

……エル・プサイ・コングルゥーd(>_< )

是枝萌
ラ・ヨダソウ・スティアーナ
舞姫颯香
……え!?

 

 

 

舞姫颯香
ここで、

『助手(牧瀬紅莉栖)』さんが気になった方のために

「STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)」

の解説を交えて、説明させていただきます(^^)b

 

 

『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』とは、

5pb.ニトロプラスのコラボ企画「科学シリーズ」二作目。
前作『Chaos;HEAd』(カオスヘッド)の世界観と設定を受け継いでおり、前作が渋谷を舞台としていたのに対し、今作は秋葉原を舞台としている。
なお、前作をプレイしていないとストーリーがわからないということはない。 ←これは、三作目に当たるROBOTICS;NOTESにも言える事だが……

2015年3月28日にツイキャスで行われた新作発表会にて、『Steins;Gate0』が発表された。
機種等に関しては(当時の段階で)不明だが、アニメ化される事も同時に発表されている。

そして、発売5周年を記念してアニメ版の再放送が行われる事が発表された。
放送局はTOKYOMXBS11の2局。
放送は7月からスタート。(TOKYOMXでの放送に関しては、試験運用中のアプリ「エムキャス」に対応している)
←その再放送において、衝撃とも言える世界線変動が行われた。

2016年1月、シリーズ累計販売数100万本突破を記念し、キャンペーンが行われる事になった。

さらにいろいろな意味で重要な年である2017年には新たな要素と共に大幅にアップデートした『STEINS;GATE ELITE』の制作決定が発表された。
こちらは『やるドラ』などを意識した『フルアニメーションアドベンチャー』となっている。

 

『STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)』ストーリー

秋葉原を拠点とする総勢3人の小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーで、
厨二病から抜け出せない大学生の岡部倫太郎は、サークル仲間と日々ヘンテコな発明を繰り返していた。

2010年7月28日、岡部は単位取得のため同期にして友人の橋田至と共に向かった講義会場で、
弱冠18歳でアメリカの科学誌に学術論文が掲載された天才少女、牧瀬紅莉栖と出会う。

しかし、彼はその数時間前にラジオ会館の8階奥で大量の血溜まりの中に倒れる彼女を見ていた。
そしてそれを橋田へ報告した携帯メールは、何故かその1週間前の日付で受信されていた。

検証の結果、発明品の一つである「電話レンジ(仮)」が偶然にも携帯メールを過去へと送るタイムマシンとしての機能を備えていたことが判明する。
そしてその偶然が全世界の未来を左右するできごとになると、世紀の大発明に浮かれていた岡部自身は知る由もなかった――

 

『牧瀬紅莉栖』とは、

11歳の時にとある事情で海外留学し、アメリカのヴィクトル・コンドリア大学(架空)へ飛び級で入学した天才少女。
18歳にして大学院に所属し、脳科学研究所の研究員でもある。
高名な科学雑誌にも論文が掲載され、その界隈では有名人。

父に呼ばれて日本へ一時帰国したが、タイムトラベル理論に関する講義にて岡部倫太郎と知り合い、
岡部が所属する未来ガジェット研究所というサークルの一員(ラボメン)となる。
普段着用している服は、一時帰国の際に二週間だけ入学した菖蒲院女子学園(九段下にある)の制服を、自ら改造した物。
また、ラボ内では「落ち着くから」という理由で岡部と同じく白衣を着る。
現在はアメリカに本拠があるため日本ではホテル暮らし。

性格は一見クールで論理的過ぎるが、好奇心旺盛な実験大好きっ娘であり、
ラボメンとなった後は電話レンジの解明・改造に没頭するなど情熱的な一面を見せる。
年齢相応に煽り耐性が低く、岡部や橋田の挑発に簡単に乗ってしまうため、面白がる岡部から様々なあだ名をつけられてしまう。

「論破厨」と称されるほど人をやたらと論破したがり、物語の冒頭では岡部もその洗礼を受けることになる。
それもまた彼女がもつ好奇心旺盛な性格のせいであり、その悪癖がやがては取り返しの付かない事態を招いてしまう。

当初からちょくちょくその節は見られていたが、インターネット掲示板・@ちゃんねる(この世界での2ch)に入り浸る重度のちゃんねらー。
岡部と面識の無かった頃から「栗悟飯とカメハメ波」というハンドルネームを使い、「鳳凰院凶真」を名乗る岡部を煽りまくっていた。
ねらーであることを見破られてからは吹っ切れたのか、岡部やダルとはネタの応酬を繰り広げ、本作独特の空気感の醸成に一役買う。

同じ科学者である父親との確執に対して親身に接してくれた岡部には次第に気を許すようになり、
最終的にはからかわれてばかりだった岡部をからかい返したり、にわかには信じ難い彼の言動をすぐに信用するなど

……要するにツンデレである。※ココ重要

年齢:18歳
誕生日:1992年7月25日(しし座)
身長:160cm
体重:45kg
3サイズ:B79:W56:H83
バストサイズ:B(!?)
血液型:A型
ラボメンナンバー:004
趣味:実験、@ちゃんねるを観ること
声:今井麻美(ミンゴス)

 

 

フィギュア
『 STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート) 牧瀬紅莉栖』

メーカー:コトブキヤ
スケール:1/8
素材:PVC
原型制作:エムアイシー
原作:STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)
発売予定日:6月再販(2018/3/6予約開始)
参考価格:¥8,424(税込)

カテゴリー

Google AdSenseバナー

ぐるめ将軍

-アニメフィギュア
-, , , ,

Copyright© HUMANO , 2018 AllRights Reserved.