管理人の舞姫颯香(まのふうか)が、コスプレからグルメ、アニメ、マンガ、フィギュア、スマホゲーム……等々、様々な事柄を好奇心旺盛に発信していくブログです。

HUMANO

カテゴリー

ゲーム

【検証】やっぱりスペランカーってファミコン(FC)史上最弱のクソゲーなの?

投稿日:

舞姫颯香
もうなんなの!?
是枝萌
いきなりなんなの?ってなんなんですか?
舞姫颯香
アレよ、アレ!

ファミコン(FC)カセットゲームソフトの

『スペランカー(Spelunker)』

のこと><

参考:『【ファミコン(FC)】スペランカーってやぱり最弱クソゲーなの?』

 

是枝萌
そのことですか。

それがどうかしましたか?

舞姫颯香
どうかしましたかって><

やっぱりあのゲーム、

ファミコン(FC)イチのクソゲーだと思うの><

一面クリアにどれだけかかったか……orz

是枝萌
それはどうでしょう?

確かに主人公は世界一最弱だと、私もそう思いますが。

ファミコン(FC)史上で最もクソゲーかどうかは分かりません。

舞姫颯香
えー!?

アレ以上のクソゲーが、この世の中にまだあるの?

是枝萌
どうでしょうか……クックック
舞姫颯香
ぞーっ((((;゚Д゚))))

 

 

是枝萌
ここで、

『スペランカー(Spelunker)』

を知らない方のため、

解説したいと思います。

 

 

 

『スペランカー(Spelunker)』とは、

マイクロ・グラフィック・イメージ社のティム・マーティン(Tim Martin)によって製作された。
1980年代前半に、欧米でAtariの8ビット・コンピュータやコモドール64用のゲームとして発売され、人気を博した。
↑数字的にはそれほど大きくヒットしたわけではなかった模様。

日本では、ブローダーバンド社からライセンスを受けたアイレム(irem)が、
1985年12月7日にファミリーコンピュータ(FC)用ソフトとして販売したところ、
数十万本を売り上げる大ヒットを記録した。

以降開発の主導はアイレムに移り、続編・リメイクがいくつか出されている。
2011年までアイレムが、半ば自社の看板キャラクターとして扱っていた。

現在のスペランカーの権利は、
かつてファミコン版『スペランカー』を開発したアイレム社員であり、
ティム・マーティン本人とも知己であるスコット津村が後に設立したTozai Gamesが保有している。

ちなみにタイトルの「スペランカー(Spelunker)」とは、「無謀な洞窟探検者」を意味する。
※なお、十分な知識や装備を持った上で洞窟探検を行う者は「ケイバー(英:caver)」と呼ばれ、特に海外ではスペランカーとは厳密に区別される。

日本では、ファミリーコンピュータ(FC)版のスペランカーの印象が強いため、
「スペランカー=虚弱体質」というイメージが定着しているが。
主人公がすぐ死ぬのはファミリーコンピュータ(FC)版だけの特徴である。

カテゴリー

Google AdSenseバナー

グルメ将軍バナー

<!-- ad tags Size: 336x280 ZoneId:1340436--> <script type="text/javascript" src=""></script>

-ゲーム
-, , ,

Copyright© HUMANO , 2018 AllRights Reserved.