管理人の舞姫颯香(まのふうか)が、コスプレからグルメ、アニメ、マンガ、フィギュア、スマホゲーム……等々、様々な事柄を好奇心旺盛に発信していくブログです。

HUMANO

カテゴリー

都市伝説

都市伝説の中から勝手に興味深い話を解説します 其の拾弐 - 地獄の音【閲覧注意】

更新日:

是枝萌
こんばんは。

『萌たんの都市伝説を語る』

の時間がやって参りました。

舞姫颯香
い、いきなり!?

待ってぇ><

心の準備が……(´Д`)

是枝萌
皆さまは「地獄」というものを信じますか?

西洋東洋どこの世界、宗教にも必ずこの”地獄”というものは登場しますが……

 

このお話は海外の都市伝説なのですが。

とりあえず、これをお聞きください。


©DarkE

 

是枝萌
これは、1989年ロシアで地質調査をしていたチームが録音した音でして。

これがフィンランドの新聞社の記事になり、

通称「地獄の音」として世間に広がったものなのですが。

以下はAzzacov博士のインタビューを書き起こしたものです。

ご覧ください。

 

「地下1万4400メートルに差し掛かった時だ、ドリルが急に回転し始めた。
それはそこに空洞か洞窟がある事を示している。
温度センサーは摂氏2000度まで上昇していた。
我々はマイクを下ろし、岩盤の動きを調査する計画を立てた。
しかし、岩盤の動きの代わりに、我々は叫び声をあげる人間の声が聞こえ
最初、その音は自分達の装備・設備から起こっていると思ってそれらを調整した。
しかしそれは我々が最も恐れていたことを確定させてしまった。
叫び声は一人の人間のものではなく、何百人もの人間の悲鳴だったんだ……」

「私は天国や聖書を信じない。
しかし、科学者として地獄の存在は信じる。
今回の発見をして我々は非常に驚いている。
そこで何が起きたのか、何が起きたのかわかっている。
我々はドリルで地獄の扉に穴を開けたと確信している」

©黄昏怪奇譚さまより抜粋

 

是枝萌
この事件の後、研究員の人々はこの音に恐れてしまい。

逃げ出してしまって掘削作業を続けることができなくなったため。

研究チームは解体。

断念せざる負えなくなったそうなのですが……

舞姫颯香
いやいやいやいや……

こ、こ、これは単なる風がマイクに当たってる音でしょう(;´Д`)

是枝萌
そうなると地球の地下はAzzacov博士のおっしゃる通り、

”がらんどう”と言うことになりますね。

 

それと、ちなみにですが。

この事件の他にも、ロシアのコラ半島では。

掘削深度が12,000mに達すると、

約6,000度(これは太陽の表面温度と同じ)まで耐えることが出来るはずの特殊なドリルが、

理論の上では220度程度にしかならないはずなのに溶けてしまったり。

もっと不思議な話ですと。

地下深部からドリルが引っ張られ、ときには消えてしまうということもあったそうです。

舞姫颯香
……もう、聞きたくないっす (llФwФ`)

カテゴリー

ぐるめ将軍

-都市伝説
-, , , , , ,

Copyright© HUMANO , 2019 AllRights Reserved.