管理人の舞姫颯香(まのふうか)が、コスプレからグルメ、アニメ、マンガ、フィギュア、スマホゲーム……等々、様々な事柄を好奇心旺盛に発信していくブログです。

HUMANO

カテゴリー

都市伝説

都市伝説の中から勝手に興味深い話を解説します 其の五 - 猿夢【閲覧注意】

更新日:

舞姫颯香
萌ちゃん、

最近、夢見が悪いのか分かんないんだけど、

朝起きたとき、すっごく疲れてるんだよねぇ?

なんでだろ?

是枝萌
それは……
舞姫颯香
な、なに?(悪い予感が……)
是枝萌
夢と言えば……

 

こんばんは。

『萌たんの都市伝説を語る』

今宵も都市伝説についてお話いたしましょう。

舞姫颯香
またなのぉ><
是枝萌
今宵は”夢”と言うことなので、

夢にまつわるお話。

「猿夢」をお話いたしましょう。

 

ただこの猿夢は

少々グロテスクなお話でして。

心臓の弱い方はご注意くださいませ。

舞姫颯香
……なのに、わたしは強制的なの!?
是枝萌
では参ります。
舞姫颯香
・゚・(つД`)・゚・ ウェ―ン

 

是枝萌
その方は夢を見ているとき、「自分は夢を見ているんだ」と言う、自覚を持たれることが時々あったそうです。

”その”夢もそうでした。

夢の中で彼女は何故か薄暗い無人駅に一人いました。

そのとき彼女は陰気臭い夢だなと思ったそうです。

すると急に駅中に精気のない男性の声で、

「まもなく電車が来ます。その電車に乗るとあなたは怖い目にあいますよ」

と、アナウンスが流れて来ました。

それを怪訝に感じていると、まもなく電車が入って来ました。

ただ、その電車は良く、遊園地で見かけるような「お猿の電車」のようなもので、そこには顔色の悪い男女が一列で座っていたそうです。

彼女は変な夢だなと思いつつも、自分の夢がどれだけ自分自身に恐怖心を与えられるか、試してみたくなり、その電車に乗り込むことに決めました。

彼女は夢を自覚しているときは自由に目覚める事が出来るため、怖さに耐えられなくなれば、目を覚ませば良いと思ったからだそうです。

そして彼女は後ろから3番目の席に座りました。

辺りは生温かい空気が流れていて、本当にこれが夢なのかと、疑うくらい、臨場感があったそうです。

「出発します」

そう、アナウンスが流れ、電車は動き始めました。

彼女はこれから何が起きるのか、不安と期待でドキドキしたそうです。

電車はホームを出るとすぐにトンネルへと入っていきました。

トンネルの中を電車の光が紫色に怪しく照らします。

急にまた奇妙なアナウンスが流れて来ました。

「次は活造り。活造りです」

彼女はその言葉に「何故ここで、魚の活造りをなのか?」と、考えました。

そのとき、後ろからけたたましく悲鳴が聞こえてきました。

後ろを振り向くと、一番後ろに座っていた男性の周りに4人のボロ布のようなものを纏った小人が群がっていました。

そして……その男性を刃物で切り裂くと、本当に魚の活造りのようにしてしまったのです。

強烈な臭気が辺りを包み、男性は耳が痛くなるほどの大声で悲鳴を上げています。

そして、彼の体から次々と内蔵が取り出され、散らばっていきます。

彼女のすぐ後ろには顔色の悪い長髪の女性が座っていましたが、彼女はすぐ後ろで行われている惨劇に気にも止めず、ただ前を向いています。

彼女は流石に自分の想像を超える展開に恐怖を感じました。

気がつくと、一番後ろの男性の姿がなくなっていました。

しかし赤黒い、血と肉の塊のような物は残っていました。

後ろの女性は相変わらず、無表情に一点を見つめています。

すると今度は、

「次はえぐり出し。えぐり出しです」

と、アナウンスが。

すると今度は二人の小人が現れ、ぎざぎざのスプーンのような物で後ろの女性の目をえぐり出し始めました。

途端、先ほどまで無表情だった女性の顔がみるみる、物凄い形相に変わり、鼓膜が破れるかと思うくらいの悲鳴をあげます。

彼女の瞳からは眼球が飛び出し、血と汗の臭いが周りに立ち籠めてきました。

彼女はあまりの光景に恐怖を感じ、震えながら前に向き直り、体を屈めました。

順番から考えると、次は彼女の番です。

流石に彼女は付き合いきれなくなり、目を覚まそうとしました。

……が、ふと、

「私にはどんなアナウンスが流れて来るのだろう?」

そんな好奇心が湧いてきました。

そして、

「どうせ夢なんだし、それを確認してから目を覚ませば良い」

と考え、もう少し様子を見ることにしました。

アナウンスが流れてきます。

「次は挽肉。挽肉です」

最悪な光景が想像出来ました。

焦った彼女は必死に夢から覚めようとします。

すると、小人が現れ、彼女の膝の上に乗って来ました。

何やら奇妙な機械を携えながら。

その機械はウィーンと嫌な音を立てながら、耳元へ近づいて来ます。

顔に風圧を感じるまで、それは近づいて来ました。

もう駄目だ。

その瞬間、その不快な音が消え、静かになりました。

全身、汗塗れでしたが、

なんとか、その悪夢から抜け出せたようです。

涙が止まりません。

寝床から飛び起き、台所で水をガブガブ飲み、やっとのことで落ち着きを取り戻しました。

そして、

「あれはとてもリアルだったけど、所詮は夢」

だったのだと自分に言い聞かせました。

それから4年の歳月が過ぎたある日。

急にその夢の続きが始まりました。

「次はえぐり出し。えぐり出しです」

あの場面から。

彼女は焦り、必死に夢から覚めようとします。

「次は挽肉。挽肉です」

夢から覚めることが出来ません。

また、あの不快な機械音が耳元へと近付いて来ます。

必死に夢から覚めるように祈ります。

ふとまた、静かになりました。

どうやら間一髪で目覚めることが出来たようです。

そして、目を開けようとした瞬間、

「また逃げるんですか。次に来たときは最後ですよ」

そう、アナウンスがはっきりと聞こえ、そして目を覚ましました。

ただ、最後に聞いた言葉は絶対に夢ではないと直感しました。

それから彼女はそのような夢は見てないとのことですが、次に見たときは心臓麻痺で死ぬと覚悟しているようです。

ですが、こちらの世界では心臓麻痺でも、あちらの世界では挽肉に……

 

以上。

これが「猿夢」というお話です。

颯香さまもお気をつけあれ。

舞姫颯香
そんなの聞かされて、

わたしどうしたらイイのぉ~?うあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁ

カテゴリー

Google AdSenseバナー

グルメ将軍バナー

<!-- ad tags Size: 336x280 ZoneId:1340436--> <script type="text/javascript" src=""></script>

-都市伝説
-, , ,

Copyright© HUMANO , 2018 AllRights Reserved.